世界遺産マラッカとゲストハウス引越し成功

マラッカのチャイナタウンは、神戸や横浜、サンフランシスコなどの中華街と違う、なんともいえん独特で風情のある雰囲気をかもしだしていた

マラッカのチャイナタウン
チャイナタウンのいりぐち

マラッカの中華街寺があるストリートには宗教グッズ屋が並ぶ、よいかんじ

マラッカのチャイナタウン
このような場所でカンジが読めるのは有利である
看板には、マレーシア語、漢字、ヒンドウー、たまにアラビー、アルファベット
少なくとも、日本人は漢字と英語はわかるわけである

あ、ここ薬屋か、酒屋か、この飯は牛肉の麺か、とか

このよーな、
レトロがたまんねー、かなりいいかんじ
マラッカのチャイナタウン
マラッカ海峡らしい。。。
マラッカの海
やっぱ都会やし、海はきたねえ
しかもこの付近のポルトガル村の土産ややレストランのある場所はは完全にさびれとった。。。
観光地としては弱い

マラッカの中華街
中華街再び
何時間この町に時間を費やしただろうか。。。建築物、レトロ、異国情緒。。。すべてが合わさって

マレーシアの中華料理
マレーシアの中華
結局中華ばっか食っている
ポークの¥ぶっかけめし

カンチルゲストハウス

マラッカのカンチルゲストハウス
シングル最安20リンギ
全員いい人。セキュリティが完璧で安全
おすすめしたい宿、オーナーは上智大学に留学していたので日本語が普通の会話できる
清潔

昨日まで宿泊した安宿街のゲストハウスはセキュリティが最悪であった
旅行記を作成するときに名前を書いて、「宿泊はすすめられません」
と広めようとおもう

しかもうるさいスタッフはトルコ人で、マレーシアに出稼ぎにきているようだったが、英語がカタコト以下の癖にわけわからんrトルコ語で延々とわけわからんことを言いまくり、ほかのスタッフに対してもこいつはしゃべりまくり
なぜかそういうやつに限って身振り手振りで伝えるのがうまいので最悪うぜえし

オーナーは若く、おとなしい人やが二件宿を経営するわりには甘いし、なんか、管理もきちんとしていない
掃除は毎日していない

このうぜえやつは
嫁とガキ2人トルコにのこして、、、誰もきいてねーのに画像見せられた

クアラルンプールに若いマレーシア人の彼女がいてて。。。
誰も、
聞いてねーのに勝手に喋りまくり。。。

携帯のビデオを見せられて女のケツが延々と映し出され、「お前のマレーシア人の女か?」
と聞くと、クアラルンプールでヤッた日本人の女子大生という
いわれれば日本人のケツやなーとかおもった

しかもマレーシア人の女との携帯のSEXビデオを見せられ

このような素人のしかも目の前におる、小デブの32には見えん禿メタボ
しょぼい女のXXXなんぞみたくねー

「不細工同士のFUCKなんぞ見たくねー」

というてもうたね、いまマジで見るに耐えん、素人のFUCKであった