運河ボートでのカオサンの行き方レポート、サイアムから簡単に早く行けます

センセープ運河ボートタイ

サイアムやチットロムからカオサンへ行くには、センセープ運河のボートを利用すると、簡単に早く行けます。

今回、行きはプラトゥーナムから、帰りはサイアムで下船しました。

ローカルの景色も見れるので、観光としてもおすすめです!

運河ボートでのカオサンの行き方

ボート乗り場はGoogle mapに表示されるのですぐ分かります。

プラトゥーナムの乗り場

Pratu Namボート乗り場
橋から見た乗り場。

食堂や売店もあります。

プラトゥーナムでほとんどの乗客が下船します。

センセープ運河のボート
スピードが出るので水しぶきがかかります。

切符の買い方


車掌が来るので切符を購入します。

行き先を言うか、読みが分からない場合はGoogle mapを指さしました。

センセープ運河のボート
衣類の問屋街であるボーベー市場に来ると、びっしりと店が並びます。

センセープ運河のボート
見慣れた普通の民家ですが、ボートから見るのはおもしろい。

カオサン近くPhanfa Bridge乗り場で下船

カオサンに行くには、Phanfa Bridgeで下船します。

Ratchadamnoen Rd を歩く

バンコク
乗り場を出て左手の橋を渡ります。

大通りを真っすぐ歩くので、迷わずに行けます。

国王のご結婚で肖像や黄色の飾りや花、旗などでバンコク中がディスプレイされていました。

Ratchadamnoen Rd 右側Thanon Tanaoが見えれば、最初の左側の通りがカオサン通りです。

カオサン到着

カオサン通り
ここも黄色のディスプレイ。

帰りはPhanfa Bridgeから乗船し、サイアムに行くのでHua Changで降りました。

運賃はプラトゥーナムから11BT、Hua Changまで9BTでした。

約15年ぶりにカオサンに来ました。
当時の記憶は有名日本人宿に泊まって楽しかったことしか覚えていないのですが。
ああ、屋台が無くなったんやなー。
新しい大型飲食店やクラブが並び、現在も建設中で、なんか都会的に小ぎれいでした。
交通は不便なので、観光目的の人には宿泊をすすめません。
タイトルとURLをコピーしました