ブルネイ空港からバスでバンダルスリブガワン、ガドンに行く方法と市内から空港に行く時に注意したいこと

ブルネイのA1バス ブルネイ

ブルネイ空港からバスで市内(バンダルスリブガワン、ガドン)に行ったレポートです。
また、バスターミナルから空港へ行ったとき、バスの本数が少なく焦ったので、帰る時の注意点も説明しています。

バス乗り場への行き方

ブルネイ空港のモスク
空港を出て、モスクや車の展示を見ながら、

ブルネイ空港
通路を真っすぐ進み、左側の奥にバス乗り場があります。

ブルネイ空港のバス乗り場
誰もおらん。空港から市内へ行くバスは↑のような大型バスではありません。

ブルネイのバス乗り場
時刻表も路線図も無く、人がいないので、本当にバスが来るのか?何十分待つのだろうか?
と思いましたが、ジャンパーを脱いでリュックにしまうと、運良くすぐにバスはやってきました。

ブルネイ空港からのバス

ブルネイのバス
「ガドン地区に行きたいです」と運ちゃんに言うと、バスターミナルに行ってA1バスに乗り換える必要があるとのこと。料金は1回乗車1ブルネイドルです。

ブルネイのバス
いわゆる、アジアで呼ばれる”ミニバス”そのまんまです。ブルネイのバスの運ちゃん&車掌サンはすっげー親切でした。どこに行くのか聞いてきます。

ブルネイのバス切符
上段:バスターミナルからガドンの切符
下段:空港からの切符

空港からバンダルスリブガワン(バスターミナル)行き

NO23,24,36,38

空港からガドン地区行き

直通は無いので。バンダルスリブガワンのバスターミナルに行き、A1バスに乗り換える必要があります。
ホテルeasyboxに行く人は、”Center point hotel で下車します”と言えばOKです。
2018年5月のレポートです、最新情報は現地でご確認ください

バンダルスリブガワンのバスターミナル

ブルネイのバスターミナル

ブルネイのバス路線図
ブルネイのバス路線図。市内観光程度なら必要ないかと。

ブルネイのバス路線図
バス車内の路線図。

ブルネイのバス
バスに関係ない一般の人が「どこに行くんですか?」とか聞いてきて教えてくれます。ブルネイの人は親切です。

注意!バスターミナルから空港に行くバスの本数が少なく焦ったこと

16:10PM発のエアアジアなので14:00には空港に到着しておかねば。
ラマダンのブルネイ
バンダルスリブガワンのバスターミナルから空港に行った日は、昼頃からラマダンが始まった。
店や飲食店は全て閉まり、街に人影は無く閑散としている。
車の通行もほとんど無い。

街も見尽くしたし、妙に悪い予感がしたので早めにバスターミナルに行った。

バスターミナルに行き、空港行きの路線バスに乗車しようとすると、「このバスではない、あの23番バス」と言われその23番バスに行くと「14時に出発する、あのバスに乗って」と指さすバスに行くと車内で運ちゃんは昼寝中。

この時点で12:30。
だるそうな運ちゃんに「何時に出発しますか?空港に行きますか?」と聞くと、23バスを指さし「あのバスが早く出る」と言う。
とりあえず再び23バスに聞きに行くと、やはり出発は14時で、現時点で運ちゃんが昼寝しているバスしか空港に行かないようだ。

仕方無いのでバスに乗り込んだ。バスは出る気配が無い。
もしバスがダメやったらタクシーは?いや、タクシーは捕まるんか?ラマダンで?

とか考えていると、運ちゃんは愛想の良い人に交代したようであった。

「バスは何時にでますか?14時までに空港に着きたいのですが?」
「13時に出ます。途中でモスクに行くので40分くらいかかります」

とりあえずバスで空港まで行けることが分かったので安心した。

ブルネイのバス
乗客は自分だけ。

ブルネイのバス
13:00少し前にバスは発車した。スコールが激しくなってきた。

ブルネイのバス
途中で運ちゃんは祈りに行った。

空港から市内へ行ったとき、今朝ガドンからバンダルスリブガワンに行ったときは乗客も多く、乗り継ぎもスムーズでバスはすぐ発車しました。

ラマダンが始まってから、バスターミナルの乗客は少なくなり、バスが動く気配も無くなり、本数も極端に少なくなりました。

ラマダンがこの日に始まったことは、事前に知りませんでした。
当日カフェで店内飲食不可で、理由を聞くと「ラマダン」という答えが返ってきて初めて知りました。

ラマダンで乗客が少なくなるのでバスの本数が減ったように思います。
バスを利用する人、特に空港に行く人は、早めにバスターミナルに行った方が良いと思います。

ブルネイ空港バス降車場所

ブルネイ空港
行きと同じバスターミナルで下車。出発ロビーまでエスカレーターを上がればすぐです。