インドの友達に封鎖中の街の様子を聞いた

インド
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

インドの友達に封鎖中の街の様子を聞いた

インド全土が封鎖になったので、ラジャスタン州の友達に聞いた。

街は店もマーケットもレストランもホテルも全部ロックダウン中、誰も外に出歩いてないとのことである。

みんな田舎に帰省して、畑仕事しているのだという。

 

村の人も自宅待機しているのか?

さすがに、田舎の村人は家にこもらずに畑などで働いているのだ。

南インドのバス乗り場

バス乗り場。常に満員なのでウイルスが危険である。

インドは当然、日本のように健康保険も何もない。

仕事を持っている人でも交通事故で骨折したレベルでないと、病院に行かない、行けないのだ。

公立の病院は高くはないが、常に満員で設備も悪く良い治療が受けられない。

高度な治療が受けられる都会の私立病院は非常に高い。

 

この前マラリアにかかったけど、ばあちゃんが作ってくれた薬草で治った!

身体のバランスが悪いから、紐で縛って真っすぐにしたら胃が治る!

 

過酷な土地で生まれ育ったので免疫ができているのかもしれないが、

中には??という意味不明な民間療法も見た。

そういえばインドネシアのトレッキングガイドの人も、マラリアを自然治癒したとゆうてたなあー

南インドのピザ

南インドのピザ。手で食うので普段より気を付ける必要がある。

高度な医療設備も無い、何の保証も無い、コロナにかかってしまったら人生も一家も終わりや。

インドの国民は本気で外出禁止令を守るだろう。

実際、街の人は皆外出禁止令を守っているのだという。

ラダック、ザンスカール

ラダック、ザンスカールの村。このレベルまで辺境になると大丈夫かもしれない。

インドは公務員(=上級国民)の権限が高い。

警察はかなり威張っている。

駅でいきった若者が注意されて、本気で警棒で殴られてびびったよ。

警察が巡回しているのも効果があるのだろう。

親日モディ首相が就任したとき、今までの首相と違うので期待している、という声が聞かれた。

他国の首相を応援してしまうとは。

 

インドの友達の親が胃の手術をした。

費用は自分の価値観では、驚くほど安かった。

彼らは親戚中に頭を下げて金をかき集めて手術代を工面したようだった。

 

何回行っても長いこと滞在しても、現地人と仲良くなっても、自分は所詮ただの外国人旅行者で。

自分が感じるより100倍、カーストによっては1000倍10000倍貧しい国なのだな、と思ったことがある。

コロナにかかっては本当に全てが終わってしまう、それほど重大な問題なのだ。

 

下手に恵まれすぎていると、麻痺して危機管理ができなくなるのだろう。

タイトルとURLをコピーしました