チェンマイ空港からスマートバスに乗ったレポートと使えるアプリの紹介

Via bus app タイ

スマートバスなら20BTで空港から市内へ行くことができます。

便利なアプリ、バスターミナルの場所、乗り方をレポートします。

空港からスマートバスに乗る方法

バスのアプリとSIMを準備しよう

ViaBus
バスのアプリ「Via Bus」をインストールしておきます。

Via Bus appがあれば、路線図も不要、初めてスマートバスを利用する人も即効乗りこなせます。

滞在中よく利用しましたが、正確に機能しました。

また、タイのSIMは事前に日本で買う方が早い安いです。

チェンマイ空港でもSIMを販売していますが、店の人が不慣れで時間がかかったことがあります。

参考記事ドンムアン空港でAISのSIMカード買うより事前にAmazon購入が安かった!深夜早朝到着関係ナシ!!

バスのアプリとSIMを用意しておけば、チェンマイ空港到着後、すぐにスマートバスを利用できます。

チェンマイ空港のバスターミナル

チェンマイ空港
チェンマイ空港は小さいので、バス乗り場はすぐに分かります。

出口1にBus/Taxi看板があります。

チェンマイ空港のバスターミナル
出口を出て駐車場内を進むと、バスが停車しています。

空港から出発するスマートバスはR3黄色(反時計回り)R3赤色(時計回り)のみ。

今回はサンティタムエリアに宿泊するので、R3赤色に乗車します。

R3赤色バス:ニマンヘミン、サンティタム方面

R3黄色バス:ウアライ、ナイトバザール、ターペー門方面

スマートバスに乗車

チェンマイのスマートバス
運賃を運転手に支払います、一律20BT。

ラビットカード
ラビットカードは、運転席横のパネルにタッチします。

チェンマイのスマートバス
乗車して数分後に出発しました。

スマートバスはいつ乗車しても乗客が少なかったです。

Via Bus アプリで位置確認

アプリを起動させます。該当の路線を選びます。

下車したいバス停が近くなったら、ブザーを押します。

Google mapのGPSと位置情報を見比べると、若干Via Busのほうが遅れがありました。

でかい差は無かったのですが、乗車する場合は早めにバス停に到着するほうがよいです。

バス停

チェンマイのバス停
乗車時は手で合図します。

バス停の案内は分かりやすいです。

時刻表は無意味なので、アプリを活用したほうがいいです。

 

2019年5月のレポートです、最新情報は現地でご確認ください。
ラビットカードが使えて便利でした。朝6:00から運行しているようですが、帰りはGrabタクシーで空港に行きました。
タイトルとURLをコピーしました