ナンマドール遺跡観光、タクシーチャーター後半

ナンマドール遺跡ミクロネシア

時折スコールが数分あり、晴れ間が差すのが繰り返しという不安定な天候です。

後からホテルのオーナーが言うには、自分が来る前はずっと雨続きだったと、天候に恵まれていたようです。

ポンペイの気候は近年以前と違ってきているとのことです、どこも異常気象ですね。

訪問時期2019年2月前半

ナンマドール遺跡

ミクロネシア連邦ポンペイ州の旅情報紹介のインフォメーションセンターで詳しい資料が入手できます。

ミクロネシア、ポンペイ島

ナンマドール遺跡の民家

私道の入り口

 

ナンマドール遺跡の民家

時期的に子犬が出迎えてくれました。

私道を通るので通行料3USDを支払いました。

民家の人たちは礼儀正しく良い人そうです。

ナンマドール遺跡

運ちゃん

ナンマドール遺跡の民家

複数の家族が住んでいます。

民家の敷地を通って遺跡に行くのも面白い体験です。

ナンマドール遺跡

新しい遊歩道

ナンマドール遺跡

遺跡の石か?

整備された遊歩道を歩きます。

ナンマドール遺跡

城壁のような

ナンマドール遺跡

マングローブ

マングローブ林を通る。

ナンマドール遺跡のマングローブ

遊歩道

ナンマドール遺跡のマングローブ

天然のディフェンス

浅瀬の遊歩道を歩きます。マングローブの根は何度も見てきましたがここが最強かと。

ナンマドール遺跡のマングローブ

根っこは天然のマキビシor針の山

ナンマドール遺跡の石

六角形の石が転がる

ナンマドール遺跡の石

六角形

 

ナンマドール遺跡の橋

新しい木製遊歩道

ナンマドール遺跡の石

ムツゴロウ

ナンマドール遺跡

曇りだが水はすっげークリア

ナンマドール遺跡

小雨が降りしばしバナナの木の下で撮影の様子を見ます。

待機している老人に入場料3USDを支払います。

ナンマドール遺跡に行くには、入水して渡りました。運ちゃんは手前で待機。

この時は太腿くらいまで浸かって歩いて渡れました。

この海上遺跡で晴れてなかったことが残念です。

ナンマドール遺跡

ナンマドール遺跡

ナンマドール遺跡

中央の祠内部

六角形の石を積み上げた建造物です。

ナンマドール遺跡

「おっ!写真撮ってくれよ!」地元の若者

ナンマドール遺跡

側面の回廊跡

世界遺産の遺跡でラジカセで音楽を聴いてくつろぐ若者。しかも謎の祠で。ある意味すげーな!

「写真撮りたいんで、ちょっとどいてくれませんか?」

「OK、すいません!」

快く協力してくれました。

ナンマドール遺跡

祠上部より

ナンマドール遺跡

積み上げられた石

ナンマドール遺跡

入場料を支払った老人によるとこの先に日本軍のキャノンがある、ガイドを雇用しなければ行けない(個人で行けない)ということです。

リドゥドゥーニアプの滝、ケプロイの滝とナンマドール遺跡タクシーチャーターは80USD。ホテルの紹介です。運ちゃんは冷たい飲料を用意してくれました。
タイトルとURLをコピーしました