ポンペイ(ポナペ)、コロニア到着

ミクロネシアの環礁 ミクロネシア

UA機内は、日本語があちこちで聞こえた。

マーシャル諸島にJICAもあるし、ミクロネシアには日本人がけっこういるんやなあ~こんな遠くに。

アイランドホッピングを経て、ポンペイに到着した。

ポンペイ(ポナペ)到着

ホテルに行く

入国審査を終え、空港ロビーでサウスパークホテルの送迎の人を探した。

宿泊者の名前またはホテル名を書いたプレートを持っているんやろう、と予想していた。

そのような人は、誰もいなかった。

 

タクシーや宿予約などのカウンターブースが右に並んでいるが、無人である。

送迎の人は、スマホ片手に人待ち顔をしている華僑ではないだろう。

 

バインダーを持って人を探しているような雰囲気の現地人男性に、

「サウスパークホテルですか?予約したSです」と言うと、

紙を見て名前を確認した。

 

他に、ミクロネシア系の女性2人客がいたので、自分は助手席に座った。

車内はかなりホコリっぽく、咳が出た。

 

フロントでチェックインし、部屋に入った。

クーラーが効いていた。

 

坂の下にある商店に行った。

ポンペイの教会
立派な教会があった。

ペットボトルの水を仕入れて宿に戻った。

ネット生活再び

まず、スマホをWi-Fiに繋ぐのである。

メールやチャット等最低限のことを確認し、スカイプを起動させた。

Pohnpei Eco-Adventure Guide掲載の現地ガイドにコンタクトをとるためである。

スカイプクレジットで現地ガイドと現地ツアーを催行しているレストランに電話をした。

ベンジャミン氏は何度かけてもつながらなかったので、彼の経営する商店に直接行くことにした。

ネット・ラーメンレストランは留守電なので、明日再度電話することにした。

ホテルに地図は無かったので明日観光局でもらうことにした。

コロニアの街

ベンジャミン氏の商店の敷地にアイスクリーム屋があったので尋ねると、彼は留守だった。

親切な人が、彼は今日は19時頃店を開くかもしれない、と言ったので後から来ることにした。

コロニア市内
メインストリート。中心地に出ると、車も人も増えた。

街を歩いたがほとんどの店が閉まっている。

スパニッシュ・ウォールやサッカーを見た。

スーパーでビールを仕入れ、ベンジャミン氏を訪ねたが店は閉まっていたので、ホテルに戻った。

夕食

ホテルのレストランは休みだったので、前のクリフ・ホテルに行った。

刺身パン粉定食
刺身パン粉定食。

ミクロネシアの「パンコ」は「フライ」を意味する。

美味かった。

 

夜、ホテルのネットがよくつながる共有スペースでネットをしていると、スタッフのおっちゃんがワシを見るなり

「…おっと!マップ、マップと」

地図を探そうとした。

…もう、いいんですよ。

明日インフォメーションに行きますよ…と言いましたが。。。

彼は、いい人なんやろうなあ。

 

ベッドはチクチクしたので圧縮袋とカッパを敷いた。

クーラーのリモコンが壊れているようで、一度消すと二度とONできんような気がしたのでつけっぱなしにすることにした。

タイトルとURLをコピーしました