ラオスのバス、ソンテウ、バイタクについて

ラオス

ラオス旅行の移動手段で最も利用するのがバスです。
バスにはローカルからVIPまで、行き先や距離によっていろんなバスがあります。
バス、ソンテウ、バイタクを紹介します。

ロット・ドイサーン(ローカルバス)

ロット・ドイサーン
運賃が安い。走行ルート上でどこでも乗車、下車できる。
客と荷物を可能な限り乗せるので出発までに時間がかかる。
満員になるまで待つ必要がある。
満員時は狭い。

エクスプレスバス,VIPバス,夜行バス

ラオスのVIPバス
ラオスの夜行バス

民間のバス会社が運営の長距離バス。
“VIP””KING OF BUS”というすげーステッカーが貼ってある。

ラオスの夜行バス

ラオスの夜行バス

夜行のVIPスリーピングバスでは、1つの寝台ベッドに2人で寝る場合があったので、貴重品の管理に注意。

スリーピングバスはブランケット、クッション付き。

スペースはかなり狭く、身体の小さいラオス人仕様。
荷物を置くと脚が完全に伸ばすことは不可能であった。
トイレ完備。
バスの食事
ミネラルウォーターPET、軽食サービスがチケットに含まれる。

国際バス
近隣諸国に行く国際バスもある。

ミニバス

ラオスのミニバス
旅行者向けミニバス。最大9人乗る。
旅行会社や宿でチケット購入できる。

乗車地点が旅行会社や宿泊先、街中のミニバス乗り場なので、郊外のバスターミナルに自力で行く必要が無いのがメリット。

または、宿泊先からバスターミナルまでの送迎付き。

公共ローカルバスより割高だが、遠くのバスターミナルまでバイタクなどで行くことを計算すると、トータル金額に差は無い。
料金はどこの旅行会社も同じ。

途中で食事やトイレ休憩がある。降車場所はミニバスのバスターミナルなど。

※バンビエンのバスターミナルでポーンサワン行きのミニバスチケットを販売。

ローカルバス

ラオスのバス
運賃が安い。旅行会社が取り扱う、街からバスターミナルへ行くピックアップサービスとバスチケットのセットもある。

ラオスのバス
どこで降りれば良いのか分からなかったので、念のため運転手に降りる場所を言い、近くなってきたら周囲に聞きまくった。
(運転手が教えてくれるとは限らない)

でかい荷物はバスの荷台に乗せなければならないことがある。

ソンテウ

ラオスのソンテウ
街中移動やバスターミナル⇔街に行くときに利用した。

バイタク

バイタク
バイクの横に備え付けた座席に乗る。

 

2010年のラオス情報です。途中まで作成したサイトの記事です。
現在まで交通網や車両に変化が無いので、交通手段を掲載します。
タイトルとURLをコピーしました