サメット島のタブティム リゾート (Tubtim Resort)宿泊レポート

サメット島のタブティム リゾート (Tubtim Resort)宿泊レポートタイ

サメット島、アオタプティムビーチ(Ao Phutsa プッサビーチ近く)にあるホテル「タブティム リゾート」のバンガロー宿泊です。

Tubtim Resort

Tubtim Resort
部屋タイプはいろいろあります。

レストラン

サメット島の朝食

朝食セットは数種類あります。これはトースト、オムレツ、ソーセージ、ネスカフェ。

ビーフぶっかけ飯をオーダーしたが普通の焼き飯でした?

コーヒーはネスカフェです。売店とレストランのビールの値段は同じです。

ファン付きバンガロー

Tubtim Resort

自分が宿泊した一番安いファン付きバンガローです

木造で窓が多いので風通しが良いです。

毎日ペットボトルのサービスがあります。

アオタプティムビーチ

アオパイビーチ

アオタプティムビーチ

浮島から見たビーチ

アオタプティムビーチ

泳ぐ犬

シュノーケリング

サメット島のサンゴ

犬と猫

客層は欧米系家族連れが最も多く、次いで現地人家族連れ、外国人の老夫婦グループという落ち着いた雰囲気でした。

バンガロー形式で、中年一人旅も違和感が無いホテルです。
アオタプティムビーチはタブティム リゾートと隣接するもう一つのプッサバンガローの客がほとんどです。ボートも停泊せず、シュノーケリングはインドネシアなどに比べるとタイなのでたいしたことはありませんがまあまあ楽しめました。
フロントの女性は丁寧で笑顔でしたが、若い男性の態度はタイのホテルスタッフにしては珍しく良くなかったので、ホテルのためにも改めた方が良いのでは、と思いました。サメット島で宿泊するならおすすめの場所です。
サイケオビーチは別世界なので、なるべく避けることをおすすめします。2019年10月宿泊

タイ
スポンサーリンク
Sをフォローする
スポンサーリンク
ジャパニ・バックパッカー海外旅行記
タイトルとURLをコピーしました