マーシャル諸島の旅情報

マーシャル諸島マーシャル諸島

マーシャル諸島の交通、物価、食事などの情報です。
観光に役立つサイトも紹介しています。
最新情報は現地で確認してください。

訪問日2019年1月

マーシャル諸島の旅情報

交通

主な交通手段はタクシーかレンタカーになります。
自転車・原チャのレンタルは探したが無かったです。
チャリに乗るには購入するしかないようです。

自転車に乗っている人は少なく、子供や学生くらいでした。
そういえばバイクをほとんど見かけませんでした。

タクシー料金
ダウンタウン内移動:1USD
空港⇔ダウンタウン(バックパッカーホテルまで):5USD

乗り合いバン(タクシー)
RREホテル前⇔ローラ地区:3USD
※以前は2USDだったが現在は3USD

物価

輸入品は高価です。
スモールストア、大型スーパー、値段に大差はありません。

缶ビール330ml:1.5~1.75USD 銘柄によって異なる
ワインボトル:7USD~
缶ジュース:1USD
インスタント袋麺:0.5USD~
250ml牛乳:0.49USD
缶詰小:0.96USD~
缶詰大:1.25USD~
パン大袋:2.25USD~
ココナッツオイル大:6.95USD
マーシャル諸島ロゴTシャツ:17.85USD
マジュロサンダル:約9USD(多分)
弁当:5USD

レストランは宿泊したフレームツリーしか利用していませんが、だいたい日本くらいの値段です。
魚定食
魚定食。

各種定食、パスタ、ラーメン、チャーハン:6~8USD
缶ビール330ml:2.5USD
コーヒー:1~4USD(カフェの高いコーヒーは美味い)
水、缶コーラ:1~1.5USD

食事

カフェ
レストランやカフェがあり、昼間広場に弁当屋が出ます。
スモールストアやスーパー、カフェで弁当、スパムにぎり、おにぎり、サンドイッチなどが購入できます。

スーパーでビール、洋酒、ワイン、焼酎、日本酒を販売。

魚は新鮮で美味かったです。肉は輸入です。

野菜はローラ地区の一部で栽培しているようですが、土壌がサンゴ砂なので水が通過し野菜が育たず、ほとんど輸入です。

レストランで毎日サラダが可能か聞いたが、材料が無いので一度も作れませんでした。

犬・猫

放し飼い。
犬は大人しく人懐っこいですが、夜吠えたり唸るので夜間歩くときは気を付けたほうがいいです。
猫は少し臆病でした。

出国税の払い方

20USD

  1. 航空会社のカウンターでチェックイン手続きをする
  2. 出国税カウンターで支払い、搭乗券を受け取る

観光に役立つサイト

マーシャル諸島政府観光局
https://visitmarshallislands.wordpress.com/
マーシャル諸島トラベルガイドブックがダウンロードできます。

Marshall Islands Guide
https://www.infomarshallislands.com/
情報が詳しく新しい。

The Marshall Islands Journal
http://marshallislandsjournal.com/
マーシャル諸島のニュースなど。

現地での情報収集

観光局
観光局
閉まっていました。

RREホテル
RREホテル
エネコ島のボートとバンガローを申し込みました。

Pacific International Inc.(PII)
JICAオフィスもある建物1F。グループ用のボートがチャーターできます。個人向けではなかったです。

タイトルとURLをコピーしました