エネコ島到着、バンガロー宿泊レポート、行き方

エネコ島 マーシャル諸島

今日はエネコ島に出発する。

朝食
朝食オムレツ定食。

レストランにはオーナー、スタッフがいて、気持ちよく送り出してくれた。
タクシーでRREホテルに向かった。

エネコ島

フェリー乗り場

RREホテルのフロントでフェリー代とバンガローの宿泊代金を支払った。

クーラーボックス
無料でクーラーボックスを貸し出し。
フェリー乗り場のバーで、氷とビールを購入し、クーラーボックスに入れた。

フェリーの乗客には、ハワイから来たという日本人とアメリカ人の年配の人がいた。
個人で来た、というと彼女たちは驚き、どうやって手配して来たんですか?と。

「UAマイルで来ました」

右側に、小島が並んでいる。

島に近寄ると海の色の移り変わりは面白い。

民家がある島。

マーシャル諸島
島と島の間は歩いて渡れそうに見えるが、渡れない。

墜落した飛行機

フェリーがスピードを落とし、止まった。
墜落した飛行機が見える場所である。

この飛行機は、貨物の輸送をする貨物機とのことだ。
微妙に曇る時があるが、角度によっては座席までよく見えた。
それだけクリアな海なのだ。

エネコ島が近くなってきた。

エネコ島到着

白い砂浜、島の人が出迎えた。
他の人は日帰りピクニックで来ているので、今夜ここに滞在する観光客は自分だけだった。

荷物を運び、バンガローに案内された。

バンガロー

エネコ島の宿泊施設はバンガローが2棟。

今回宿泊するのは、古いバンガローである。
1軒に2部屋がある。

水シャワーのみ。
最初シャワーが出なかったので管理人に教えてもらった。
水の出し方にはコツがあった。

バスタオルは持参する必要があったが、トイレットペーパー、シャンプーと石鹸は完備していた。

エネコ島の新しいバンガロー
ビーチ沿いの白いバンガローは、新しいので高い。

キッチン設備、食堂

ガスコンロ、食器や調理器具はそろっている。

休憩所

フェリー発着場の近くには日帰りピクニックの人が利用できる休憩所、トイレ、シャワーがある。
バーベキューもできる。

エネコ島の行き方・情報

RREホテルで予約。
日帰りピクニックツアーと宿泊プランがある。

毎朝10:00 RREホテルのフェリー乗り場から出発。
帰りは時間が指定できる。

古いバンガロー1泊:48.6USD (45USD + 税8%)
入島税1日:3USD
フェリー往復:20USD

売店は無い。

持参するもの:食料・飲料、タオル類、氷入りクーラーボックス

自炊設備があるので水道水を沸かして飲めるが、水のボトルは持参したほうがよい。

アリに袋入りインスタントラーメンを食われたので、カンヅメや丈夫なパッケージのものがよい。

クーラーボックスに食料を保管するのもおすすめ。

蚊が部屋にも入ってくる。電気が来ていないときはファンが使用できないため、蚊を飛ばせない。

蚊よけスプレーなど蚊対策があると役立つ。

Marshall Island Guidehttps://www.infomarshallislands.com/eneko-island/

タイトルとURLをコピーしました