マーシャル諸島、マジュロ到着

マーシャル諸島、マジュロマーシャル諸島

グアムからのアイランドホッピングを経て、UA便、夕方マジュロ到着。

道路1本が続く環礁は初めて見る地形だった。

グアムからは美しい環礁を見れるので、絶対窓側に座るべし!

マジュロイミグレ
入国審査の窓口は最初2か所開いていたが、1か所閉められたので時間がかかった。

自分は後部座席であったので、後ろから三人目。

出るまで約1時間かかった…この人数で。。。仕方ねえ、イナカの空港、人員がおらん。

自分の番になると、窓口がもう一つ開いた。。。あと2人しかおらんのですが。。。

 

待っているとき、悪い予感がしていた。

宿泊予定のバックパッカーホテルに送迎を依頼し、便と到着時間を伝え「ご確認お願いします」とのメールをしたのだが10日間返信が無かったのだ。

分かってくれたやろう、と再送してねーし。

送迎は来ていないのではないか、と。おもった。

 

出口には、送迎はいなかった。やっぱな、カン当たったよ!

しばらく待っていたが、だれも来ない。

このとき、メールで連絡しただけで、電話番号を聞かなかったのは自分の落ち度やとおもった。

SIMもWi-fiもないのでスマホでメールは不可能だ。

 

タクシーで行くことにした。

「バックパッカーホテルに行ってください」
「え?」
「バックパッカーホテル、知っていますか?」
「ちょっと待って」

コピーした地図を渡すと、運ちゃんは、他の人に聞きに行った。

タクシーには、バックパッカーホテルと言うよりも、フレームツリー(オーナー経営の同じ建物のレストランの名前)という方が通用します。
オーナーに言われました。

「OK,OK」

宿の場所が分かったようで、タクシーに乗ることにした。

「日本から来たんですか?ここまで何時間かかるんですか?」
「マジュロはメインの道路が一本だけなんですよ」

世間話をしながら、宿到着。

 

宿の入り口は建物の裏側だった。

ちょうど、宿の人が階段を降りてきた。

自分の送信した最初のメールは印刷してフロントの棚に貼ってあった。

チェックインし、一番安い部屋(Bunk Bed)に案内される。

 

「ちょっと待っていてください」

部屋の用意をしている間、共有スペースのソファでしばし待つ。

彼は送迎のことは分からんようなので明日朝来るオーナーに聞くことにした。

腹減った~ビール飲みてーわ、で夕食。

レストラン

レトロなレストラン。牛肉炒め定食とBud Light。

宿の人が来た。

無いのは分かっていたが、確認した。

「Wi-Fiはありますか?」

「ありません」

 

その言葉を待っていた。

ネットが無い、その言葉で肩が軽くなった。

ここは良い所やと、思えた。

シャワーを浴びて、部屋の窓を開けると外海からの風が入ってきた。

自然風だけで寝れるか、と思ったが微妙に暑く、蚊もいたので扇風機の風は必要だった。

タイトルとURLをコピーしました