エネコ島2日目、シュノーケリングとEnekoファミリー

エネコ島のサンゴマーシャル諸島

今日は昨日より快晴である。

エネコ島2日目

朝食

朝食は美しい海を見ながら、インスタントラーメンとベーグルサンド。

エネコ島の子供
管理人家の子供たちはいつもニコニコしていて親の手伝いをする、良い子である。

機内食が期待できんUAで食おうと買ったチョコレートを食わんかったことを思い出し、子供にプレゼントすると喜んでThank youと言った。

本当に素直な良い子やなあ。

早朝から島の人たちは、庭の掃除をしていた。

庭には葉っぱも枝も落ちていない。

砂地には、ほうきで掃いた跡が何かの文様のように残っている。

掃除のやり方から分かるよ。

マーシャルの人は本当に丁寧やなあ。

彼らは落ち葉や枝、ココナッツのカラを集めてたき火したり、常に島の手入れをしていた。

外海

朝食後、外海を見に行った。

昨日の反対側から回り込む。

島の端に来ると、外海から川のように流れてきた。

浅瀬なので対岸の島に泳いで行けるように見えたが、近寄るとかなり急な流れで、泳ぐのは危険だと思った。

サンゴの死骸が固まっている浜辺。

サンゴで足の指を擦りむくと、普通と違う不思議な擦り傷になった。

外海の波は荒く、シュノーケリングや水泳は不可能である。

ハンモックでくつろぐ

島の民家のハンモックを借りた。

見上げるとヤシの木、そよ風。

聞こえてくるのは、外海からの波の音、ニワトリの声だけである。

今は、島民を除けば、外部の人間は自分しかいなかった。

内海

昨日から引き潮。

管理人の奥さんが東屋で待っていて、ココナッツをくれた。

エネコ島のココナッツジュースは、今まで飲んだどのココナッツよりクリアで美味かった。

シュノーケリング

サンゴの森。

今日は昨日より魚が多い気がする。

でかいチョウチョウウオがたくさん見れた。

管理人の奥さんが、ぴかぴかに磨かれた貝殻をくれた。

甥と姪への土産にすることにした。

左は自分で拾った。

夕方のビーチ

タイトルとURLをコピーしました