マーシャル諸島でネット無し生活の始まり

マーシャル諸島、マジュロマーシャル諸島

予定では、Arno Atoll(アルノ環礁)にフェリーで行く予定やったが、結果行けなかったのだ。

朝、フロントを通るとマネージャー(オーナー)Isaac Marau氏が出迎えた。

「Sサン、スイマセン、昨日空港に迎えに行かなくて」
「誰もいなかったんでタクシーで来たので、No problem ですよ」

予想より年配のオーナーは丁寧に謝罪した。

オーナーは携帯もスマホも持っていなかった。

Wi-Fiもない、ひと昔前の通信事情のような感じなので、送迎に関しては自分もメールを再送するか、電話番号を聞いて直接電話すべきやったな。。。

済んだことなのでもうよかったのだが、オーナーは冷蔵庫から好きなものを持って行ってくれ、と言う。

本当はビール数本欲しかったが、遠慮してジュースと水を選んだ。

 

「今日アルノにフェリーで行くんですよ、RREホテルの乗り場から」

「では私が送りますよ」

「昨日の夜の青年がフェリー乗り場に送ってくれるんですよ」

「背の高いスタッフですか?」

 

へ?

…背の高い人はおったかな?

昨夜の彼は自分と同じくらいの身長。

日本基準では、高くはない。

「普通の背丈の人はいましたが…」

マーシャル諸島の人はラオスの人レベルに小柄だった。

背丈の基準が違うのだ。

レストランで朝食。

昼定食ぽいかんじですな。

その前に、食料調達する必要があった。

アルノには小さい商店があるらしいが、食料は持って行くべきとのことであった。

 

インスタントラーメン、パン、缶詰をスーパーで購入。

スーパーの入り口で、リュックを棚に預ける必要があった。

南米のスーパーと同じシステムやな。

万引きが多いのだろうか?

RRE Hotel フェリー乗り場

この透明度はすげー!魚が全部見える!

スタッフ「フェリーのキャプテンがハワイに行っているよ」

アルノに定期運航(月水金)しているフェリーのキャプテンがハワイに行っているので、フェリーは運航していないという。

他にフェリーを運転できる人がいないので、このフェリーでアルノに行くことは不可能、ということだった。

 

ここに来るまで、知らんかった。

アルノの宿に電話で問い合わせし、月曜のフェリーで行きますよ、と言い、「OK、分かった」と言ったのだ。

アルノ環礁の人は、フェリー運休のことは知らないのだ。

 

親切な宿のスタッフは、他のボートに聞いてみる、と別の港に行ってくれた。

午後に、アルノに立ち寄るボートがあるとのことであった。

 

行ったとしても、マジュロに戻ってこれるのか?

このボートは定期運航ではないローカルのボートで、必要があれば環礁に行く・寄るというかんじらしい。

 

とりあえず、午後にボートの人に直接聞くことにして、宿に戻った。

マジュロ散策

台北と姉妹都市のようだ。

海はかなり透明度高い。

美しい海を見ると、肩こりが無くなった。

島は猫が多い。少し臆病である。

広場にはゴミが散乱していた。

USAとのロゴが入ったタバコの箱があった。

初めてみる箱なので、手に取って、タール、ニコチンを確認したかったがやめた。

今になって禁煙のコツが分かってきた。

“タバコ(空箱含む)に触ってはいかん”、”興味を持ったらいかん”、ということ。

バーベキューを焼いているテントが2軒出ている。

ジャパンと友好30周年!おめでとうございます!

観光局は閉まっていた。

昼食

BBQ
広場のバーベキューは弁当屋。

照り焼きチキン、ソーセージ、サシミ、パンの実?(イモ?)、米。

東屋がありそこで地元の人と弁当を食った。

フォルモサ

宿の横に位置するスーパー「フォルモサ」でビールを買った。

アロハシャツはハワイ産とタイ産があった。Hawaii行ったことねーしMade in Hawaiiが欲しい気がしたがやめた。

 

宿に戻り、オーナーにフェリーの件を相談した。

結果、帰ってこれるか確実性が無いので今回のアルノ行きはやめた。

オーナーはエネコ島はどうですか?と提案した。

RREホテルで受付しているので電話して、値段を聞いた。

オーナーが念のためJICAが入っているPacific International Inc.(PII)にも聞いてみれば?と言うので、そこに直接行くことにした。

海を見ながらビールを飲むため、広場に戻ると、役所から派遣されたようなゴミの清掃をしている人がいた。

海
マーシャル諸島に来てよかったなあ。。。

肩がラクになったので、首が回るかもしれん。

今ならチャリに乗りながら後ろを振り返ることができるやろう。

肩こりの原因にはストレスもあったんやなー。

あの頃に、しばし戻ろう。

ネット無しの今、パシフィックブルーアサヒ飲みながら、美しい海を見ながら、そんなことを考えていた。

ローカルフードマーケット

午後からオープンするらしい。

主にバナナとパンの実を販売。

外海

道
宿から空港方面に歩く。

外海は内海と違う。

Pacific International Inc.(PII)にエネコ島行きを聞くと、団体用のボートチャーターのみであった。

1ドルのペプシ

非公式ファミマ。

Development Bankにあるカフェで休憩。

ウマいアイスコーヒーを飲んでいると、店に老婆が入ってきて、マーシャル語で話しかけられた。

何を言っているのか分からんが、仕草から、何か欲しいのだろうか?と予想できた。

物乞いには見えん。

身なりから、普通の老婆にしか見えんかった。

 

自分以外に、先客がいた。

会社の制服のような青いポロシャツを着ている若者が、資料を広げノートに書き込んでいた。

老婆が彼に何か言うと、彼は苦笑して店員に何か言った。

そして、店員はペプシの缶を1本老婆に渡し、若者は1ドルを支払った。

え?

 

老婆は、

「ちょっとあんた~婆ちゃん喉乾いたわあ~ペプシおごってくれんか?」

と言っていたのか。

彼は婆ちゃんと知り合いやったんか?

そうなら、最初に彼に要求するやろう。

1ドルのペプシ。

普通に若者が他人におごるのか。。。

広場でビール飲む

宿の横のスモールストアでパシフィックブルーを買い、広場に行った。

昼間弁当を食った東屋では、人々がチェスをしていた。

小さい入り江では、子供たちが海水浴していた。

夕食

食料を買いすぎたので食うことにした。

インゲン豆の缶詰、ピタパン、サバ缶詰で、サバサンドにした。

宿泊者のミクロネシア、ポンペイから来た船乗りの人と話した。

BUD Light
宿併設のフレームツリーレストラン。

同じBunk Bed Roomエリアにはほかに台湾人、日本人がいた。

明日のエネコ島、楽しみやなあ~

タイトルとURLをコピーしました